とっちら

好きなことを取っ散らかします。

2019年8月

あんまり記憶がないね……? 下書きもなかったので忙しかったのかと思いきや、仕事にかけてる時間見るとそうでもないんだよな。 日記を見たところ、なんだか毎日疲れていそうだった。頭を使う仕事も増えたのも一因だと思う。物事への態度を決めるような、繊細…

2019年7月

ミーティング中に「2018年7月25日の欄を〜」と言ったのを「あの、いまは2019年です……」と突っ込まれた。そうでした…… エトセトラ VOL.1 作者: 田房永子 出版社/メーカー: エトセトラブックス 発売日: 2019/05/15 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見…

2019年6月

6月も忙しかったーーー一瞬でしたね。 この世にたやすい仕事はない (新潮文庫) 作者: 津村記久子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2018/11/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る これ結構好きでした!!!4月からBSでドラマ化してたらしい。 高校…

2019年5月

5月は移動した。 ヤンキーと地元 (単行本) 作者: 打越正行 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2019/03/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 大阪でのトークイベントに向かう新幹線で続きを読んだ。 トークイベントで、岸政彦先生が「10年間沖縄…

2019年4月

4月ほんとに死ぬかと思ったが死ななかった、久しぶりに精神的にかなりつらい気持ちになった。 かよちゃんの荷物 新装版 上 (バンブーコミックス) 作者: 雁須磨子 出版社/メーカー: 竹書房 発売日: 2017/04/27 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る…

2019年3月

忙しい!!!!!!!!!!!! 理系向け就活サービスの記事制作に関わっていることもあり、就活解禁すなわち繁忙期になりうる、ということを、わたしは理解しておりませんでした……大アホなので……。 本を読み切ったりはできていない、というか仕事の疲労が…

2019年2月

星の子 作者: 今村夏子 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/06/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (14件) を見る i(アイ) 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2016/11/30 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (10件) を…

2019年1月

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと作者: 花田菜々子出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2018/04/17メディア: 単行本この商品を含むブログ (8件) を見る誕生日にほしいものリストからいただいた。人との…

「やさしさ」の価値を見直した2018年

今年は価値判断にかなり変更のある年だった。とくに「誠実さ」「やさしさ」と言われるものの価値をかなり大きく上方修正することとなった。結果として、自分のこともすごく見直したし、他人のよさにもよく目がいくようになって、今までとは違う、夢中になら…

2018年12月

本……読んでないね……? めちゃくちゃ好きな絵柄の漫画と推しでドーピングしながら、ほんとに仕事を……頑張っていました……。各所からのいたわりやねぎらいが身に沁みた……。来年は毎日10分はきちんと本読むようにしようと思う。 25時、赤坂で (on BLUEコミックス…

2018年11月

1122(4) (モーニングコミックス) 作者: 渡辺ペコ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2018/11/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 痛すぎるシーンがあってウウッとなった、男性閲覧注意なレベルなのでは…… 私の少年(5) (ヤングマガジ…

妄想ラブレター

お久しぶりです。突然手紙を書いたりしてごめんなさい。これが無事あなたのところに届いたのなら、今さらなにを、とびっくりしたと思います。もう引っ越しているかもしれないね。本当はちょっと引っ越していてほしいです。 中学生になった姪が、好きな人に手…

2018年10月

今月もあっという間でした。 世界音痴〔文庫〕 (小学館文庫) 作者: 穂村弘 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2009/10/06 メディア: 文庫 購入: 11人 クリック: 66回 この商品を含むブログ (48件) を見る 推しが好きと言っていたので読んだ、『もしもし(略)…

東京駅の夢

ああ、またこの夢か。手のひらににじむ汗をごまかすようにぎゅっと拳をにぎる。 誰かとの別れが近づいてくると、きまって東京駅の夢を見る。たいした思い入れもない東京駅で、中央線が来るのを待っている。少し離れたところには、これから別れる相手が立って…

2018年9月

いつも通り下書きから今月分のものを引っ張り出して更新しようとして驚いた、下書きがなかった……。 それはつまり本を読んでいなかったということでもあります。今月はなんか……ドタバタしていたわね……。 もしもし、運命の人ですか。 (角川文庫) 作者: 穂村弘 …

2018年8月

エイズとの闘い 世界を変えた人々の声 (岩波ブックレット (No.654)) 作者: 林達雄 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2005/06/03 メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 3回 この商品を含むブログ (3件) を見る 先月の続き。社会運動ってこういうふう…

信じられない、わからない

「やっぱり変だと思うんだよね、血のつながった大人が4人も家にいるなんてさ。ごちそうさま」 険のある声でそう言って、娘が食卓を離れた。めまいがした。わたしは育て方を間違えたのだろうか。 娘に異変が現れたのは、彼女が東京の大学に入って2年が過ぎた…

山崎ナオコーラ『ネンレイズム/開かれた食器棚』

ネンレイズム/開かれた食器棚 作者: 山崎ナオコーラ 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2015/10/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 読んだ。二作品とも、一種のあっけなさというか、淡々としている感じというか……があって、山崎ナ…

2018年7月

哲学の謎 (講談社現代新書) 作者: 野矢茂樹 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1996/01/19 メディア: 新書 購入: 21人 クリック: 195回 この商品を含むブログ (111件) を見る わかった部分が多分2割ぐらいしかない気がする。 断片的なものの社会学 作者: 岸政…

2018年6月

とりあえずウミガメのスープを仕込もう。 作者: 宮下奈都 出版社/メーカー: 扶桑社 発売日: 2018/05/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 図書館で借りた。短くてちょこっと読むのいい。宮下奈都さんの本は読み続けるぞーという…

2018年5月

今月は、新しく読み始めたものは特になかった。 ・5月の頭に帰省した。そのときに持ってきた本は『暇と退屈の倫理学』『生きがいについて』。 ・車の免許を取りに行くことにした。平日はほぼ毎日教習所で車を運転したり、学科の勉強をしたりしている。わたし…

2018年4月

私をくいとめて 作者: 綿矢りさ 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/01/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 再読。このべたつかない感じが好きでちょこちょこ再読している。 ふたつのしるし (幻冬舎文庫) 作者: 宮下奈都 出版…

目が覚めると早朝だった。わたしは真っ白くてふかふかなベッドで眠っていたらしい。知らない部屋。壁も白くて清潔だが、病院みたいな無愛想さはひとつも感じられない。常に誰かが生活している、きちんと呼吸をしている部屋だと思った。 久しぶりにこんなふう…

我々はどこまで考えればよいのか──滝川裕英編『問いかける法哲学』

最近、なにかを読んで考える、みたいなことが著しく少なくなっていて、考え方を忘れてしまったのでは……と思い、この本を引っ張り出してきて読んだ。 問いかける法哲学 作者: 瀧川裕英 出版社/メーカー: 法律文化社 発売日: 2016/09/20 メディア: 単行本 この…

2018年3月

3月のまとめです。 ひとり空間の都市論 (ちくま新書) 作者: 南後由和 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2018/01/10 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 飛ばし読みした。わたしが興味あるのって都市じゃなくて都市に興味がある人だなと気づ…

記憶の濃度

記憶の濃度の話をしたい。 ひどく調子の悪かったとき、わたしは文房具の陳列棚の前で立ち尽くしたことがある。何を買うかもあらかた決まっていたのに、そしてそのペンが並んでいる棚の前に立ったのに、「たくさん並んでいるものの中から特定のペンを選ぶ」と…

質問

こんな質問をするのは、きっと応えてくれると思える人にだけなんだけど。あなたはどんな時間が好きですか。 わたしが一番好きな時間はですね、たぶん、誰かと一緒に歩いている時間です。それはスカイツリーに向かう道であったり、スーパーに向かう道であった…

15と最後を待つ

好きな人はあんまりツイートをしない。数日に1回、読点すら入る余地のないごく短いツイートをするだけ。そのかわりに、毎月15日と最終日に、長めのブログを更新する。たぶん3000字はある。寝る前に電気を消して、ベッドに入り、スマートフォンの光を弱めて好…

わかれめ

「こんばんは」「こんばんは」「お久しぶりですね」「ね。……ピアス?」「ううん、イヤリング。道具屋でもらったんだけど、」「道具屋?RPGかな?勇者かなにか?」「違うよ、古道具屋。」「あーはいはい。買ったんじゃなくてもらったの?」「うん。古道具屋で…

2018年2月

みんな、どんなふうに働いて生きてゆくの? 作者: 西村佳哲 出版社/メーカー: 弘文堂 発売日: 2010/12/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 1人 クリック: 20回 この商品を含むブログ (8件) を見る 読みかけだったのを読み終えた。料理人松國栄一さん…