読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とっちら

好きなことを取っ散らかします。

サラリーマンふたり:パワーポイント

パワポって」

「うん」

「パワーポイントなわけじゃないですか」

「うん」

「あの、スライドつくるアレのどこがパワーポイントなんでしょう」

「……ん?」

「いやだからあの、パワーポイント」

「どこがと言われれば、まあ全てが」

「いやだって、パワーポイントですよ?パワーの、ポイント。パワーポイント」

「それはなに、パワポパワポたる所以を知りたいってこと?それともいかにパワポがパワーでポイントかを知りたいの?」

「どちらかといえばパワーのポイントが知りたいです」

パワポのパワーのポイント?」

パワポのパワーのポイント。」

パワポのパワーのポイントは、そりゃあやっぱりアレじゃないの、動くやつ」

「アニメーション」

「アニメーション」

「だったら、パワポじゃなくてアニメでよくないですか?」

「いや、パワポのパワーのポイントはアニメーションだけど、パワポがアニメーションってわけじゃないからさ」

「言われてみれば、そうですね」

パワポと言ったらアニメーションだけど、アニメーションと言ったらパワポではない、言うならばアニメはパワポの必要条件だ」

「必要条件」

「必要条件」

「それ合ってます?」

「わからない」

「あと、今更あれなんですけど、パワポでそんなアニメーション使います?」

「使わないの?」

「おしゃれな人ほどあんまり使わない印象なんですけど」

「マジで。小学生の頃とか俺グイングイン使ってたけどな」

「小学生の頃だから」

「小学生の頃だからか。じゃあパワポのパワーのポイントってなんなんだろうな。」

パワポのパワーのポイント?何言ってるんですか先輩」

「えっ」

「冗談です」

「お前時々怖いわ」

「パワーを動かすポイントなんですかね、もしかして」

「びっくりするくらい俺の感情を無視するね君は。で、なんだって?」

「なんか、こう、パワーって権力とかの意味もあるじゃないですか、それを動かすのがこのポイントだ、みたいな」

パワポによって決定が左右されるってこと?」

「そういう感じです。パワーを動かすポイントになるのがパワーポイント」

「急にそれっぽくまとまった。アニメーションのくだりなんだったの恥ずかしい」

「まあプレゼン時に強い印象を与える力点になる、っていうのが由来らしいですけどね、ググったら」

「ググってたのか」

「はい。あ、先輩、」

ググるの由来はgoogle検索だぞ?」

「それはわかるんですけど、googleの由来ってなんなんでしょうね」

「もう勘弁してくれ」